■EVENT REPORT

2017.4.21.Fri

第46回「協業倶楽部」inメビック扇町



19:00~21:00 天気は曇り

2017年4月21日(金曜日)

いつもなら毎月最後の金曜日に開催している交流会「協業倶楽部」。
今回は一部運営スタッフの勘違で最終金曜日ではなく、その前の週の金曜日での開催となりました。
進行係は久々に協業倶楽部代表の大倉清教がつとめました。




●会場: MEBIC扇町 交流ロビー
●主催: 協業工房
 共催: クリエイティブセンター大阪 メビック扇町
 URL ウェブサイト

前半:3分プレゼンテーション

今回の 「3分プレゼンテーション」 は5組。
いつもより少なめですが、その分じっくりと発表していただきました。

  ㈱平岡 鈴木さん   

① 株式会社平岡

    • 鈴木栄一郎さん
    • テーマ: コースター新聞

② 気象工学研究所

    • 船見信道さん
    • テーマ:日射量予測の紹介 

③ 切り絵アートグループSAMURAI

    • 北野雪経さん
    • テーマ:現代切り絵の魅力

④ WEBブランディングCooKai

    • WEB GROWTHER 北林弘行さん
    • テーマ:「軸」となるWebのしくみづくり   

⑤ GSDコンサルティング

    • 伊達万祥さん
    • テーマ:高野山近くの古民家ゲストハウス
    • GSDコンサルティング
    • Wakayama Guest House 士道



レゼンテーションのひとり目は常連プレゼンター株式会社平岡の鈴木さんです。
鈴木さんは新聞を製作して毎月この協業工房の交流会で配布してくれています。内容は「紙コースターが街でどのように販売されて、どう使われているのか。
コースターの原紙を使った新提案への挑戦が続いています。

二人目は気象工学研究所の船見さん。
気象衛星ひまわり8号のデータに基づく雲の広がり方から日射量を予測するサービスの商品化をPR中です。
主なクライアントや用途は「施設園芸農家の加湿調整」「ビルマネジメント」「撮影プロダクション」「アウトドアイベント」などなど。
72時間以内の予想精度は8~9割とのこと。

三人目は切り絵アートグループSAMURAIの北野雪経さん。
従来から人々が抱いている伝統的な切り絵のイメージを覆す現代作品を制作されています。
インスタレーションや室内を埋め尽くす立体切り絵といった作品を手がけています。
切り絵+光源による影絵の手法使った作品も魅力的です。

四人目はCooKaiウェブグローサーの北林弘行さん。
Webのソースコードの工夫で検索件数が増えるWebサイトの開発をしています。
クライアントの持つ強みをどう表現し訴えていくのか。独自のノウハウを駆使してWeb作成で関西の中小企業を元気にすることに努力されています。

最後はGSDコンサルティングの伊達万祥さん。
和歌山県高野口町でインバウンド対応に特化したゲストハウスを経営されています。
併設された蕎麦屋では機械打ちながらツルツル且つ腰のある十割そばを提供。日本を感じることのできる場所の創生をコンセプトに着地型観光のビジネスモデルを展開しています。


(report 協業工房運営メンバー 西根考平)


気象工学研究所 船見さん

切り絵アートグループSAMURAI 北野さん

CooKai 北林さん

GSDコンサルティング 伊達さん

後半:交流会

後半の1時間は交流会です。
ビールやワイン、ソフトドリンクと軽食でいつもの歓談。


※お断り
協業倶楽部は異業種、異分野の企業や一般、教育・研究機関などの人的・知的交流を目的にして開催しています。
協業倶楽部をはじめ協業工房の主催するイベントやワークショップ、セミナーで保険や会員制リゾートクラブ、宗教、特定政党を支援する政治活動などに関する勧誘、行為はご遠慮ください。