映像表現研究会
奈良県吉野

















2015年8月18日。


映像表現研究会の活動として奈良県吉野に取材に出かけてきました。
奈良県南部に位置する吉野は歴史と豊かな自然に彩られた魅力いっぱいのエリアです。
研究会では映像を通じて、日本を代表する様々な産業や文化を発信していけないかを模索しており、その趣旨に沿った取材です。


今回は吉野杉に代表される林業が抱える様々な問題と向き合い、仕事をこなしていらっしゃる山守さんに貴重なお話を伺ってきました。
また、吉野の杉樽を使っている醤油・味噌の製造元や清酒の蔵元などを訪ね、吉野の食の魅力を発見することもできました。


今後も吉野に足を運んでその魅力をいかに伝えるか。
映像表現の可能性を追求したいと思っています。


林業


醸造


 

杉箸


吉野杉で割り箸を作られている吉辰商店さんにも取材に伺いました。映像表現研究会では吉辰商店さんとのコラボレーションで、吉野の魅力が伝えられる商品展開を目指しています